www.herbivictorious.com

フリーローンに関しての引き落し内容というものはカード会社それぞれで差異がありまして、様々な方法が選ばれております。一般的なところではスライド法やリボルディング方法が多いようです。こうした誰しも聞いたことがあるリボ払いでも、本当のことを言えば算定方式にいろいな種別といったものがあったりします。よってしかような形式に応じて支払合計金額が異なってきてしまうわけですので、知っていて損することはないでしょう。そうしたらわかりやすくこれらの手法のずれを説明します。最初は元金均等払いで、その次は元利均等払いというものです。両者はその名のとおり、元本についてを均分に支払っていくというものと、元金と利息に関してを合わせて均等に支払っていこうという様式になります。ここでは仮に10万円をカードキャッシングしたというふうに、いかような算出をするかみてみます。金利についてはいずれも15%と仮定し算定します。更にリボ払の支払いを1万円と設定し試算します。差し当たって元金均等払いのほうからいきましょう。斯様な時の1度目の返済に関しては1万円に対して利子分1250円を足した引き落としになります。次回の引き落しについては1万円に対して利息分の1125円を加算した引き落とし額になるのです。こういったようにして全10回にて支払を済ませると言う形式となります。一方、元利均等払いは1回目の引き落しについては1万円で元金に8750円利率に1250円と言う具合に割り振りをします。2回目の支払いに関しては元本が8750円へと減少した状態で利子を勘定し1万円から更に割り振りをします。詰まるところ、元利均等払いの場合では10回で支払が終わらない算定になってしまうのです。こればかりのずれで両者がどのくらい異なってるのか十分にわかってもらえたことでしょう。元利均等というものは元金均等と比肩して、元金が減少するのが遅くなっているといった欠点というのが存在したりします。言い換えれば利子というものを余分に支払うと言うことになります。一方はじめの支払いが小さな金額ですむと言う利点というものも存在するのです。このような返済手法などの違いによって、支払い額というのは異なってきたりしますからあなたの返済計画に合った使い方を採用するようにしてください。

Link

Copyright © 1996 www.herbivictorious.com All Rights Reserved.