自ら運んで行くということになった際は

簡単に説明をすれば任意保険というものは強制保険としての自賠責保険とは別に自賠責保険の範囲内でまかなうことが難しい補償を考慮しているより充実した保険です。

これは任意の保険。

自賠責保険の上級保険という意味合いで機能しますので自賠責保険でまかなえる支払い限度額を超えた際に役立ちます。

それに、自賠責保険の中では対物損害に関しては補償を受けることができないので、物に対する損害をカバーする場合は任意保険に加入することをお勧めします。

既に任意保険を払っているクルマを処分する時は国産車とか外車というようなことは関係なく、残っているお金が返金されます。

これは日本の自動車を売るケースでも同じです。

自賠責保険の場合、通常そのままにしておくのが常識になっていますが任意保険というのは誰もがかけるものではありませんからキャンセルをすることになります。

さらに、任意保険を契約解除した後は、現時点で 支払い済みの残存金額が返金されるということになります。

中古車売買が決まったとしても即任意保険の契約を解約するという選択肢はリスクがあります。

当たり前ですができるだけ早く中途解約してしまえばそれだけ戻ってくる額は増えますがもしかしたら中古車店舗が離れた場所にあるため、自ら運んで行くということになった際は、任意保険なしで車の運転をしなければなりません。

リスクに備えて必ずこれから自分が運転をすることはないという状況にするまで任意保険の契約のキャンセルはすることがないようにしなければなりません。

中古車を買い取ってもらってすぐ新たなクルマを購入する場合ならば問題ないと思いますが、仮にしばらく運転をしないような状況が続き任意保険の意味がなくなってしまったら任意保険に入っていない時間が存在する場合過去に加入していた時の等級が下がり保険料が増額となってしまいます。

こういった状況であれば「中断証明書」というものを提示してもらうようにしましょう。

この「中断証明書」があることで最長10年は中断前の任意保険の等級を引き継ぐことができるのです。

これは13ヶ月以内ならば発行してもらうことができますから、仮にもう自動車を手放していて、「中断証明書」というものを発行されてもらっていない場合は、代理店に中断証明書を発行していないことを伝えてください。

仮に自分が新しくクルマを買って前に持っていた中古車を引き取りに出すのでしたら契約はどちらか一方のみの契約になってしまします。

更新という処理になりますから運転をする予定の愛車でしたら処分まで注意が必要です。

また、任意保険の保険料は自動車の種類によって額がかなり異なりますから中古車引き取りの際は任意保険そのものを検討する良い機会なのです。

Link

Copyright © 1996 www.herbivictorious.com All Rights Reserved.